インプラントの埋め込み

インプラントの魅力

最新ニュース

インプラントの仕組み

オススメ情報

参考にしたサイト一覧

自己紹介です

インプラントの埋め込み

通常の使用は、空洞処置または痛くない鎮静方法(静脈内給送麻酔)が生じた場合麻酔にゴムを引いて、作用されます。
埋入は長さの注入をします。
そして、厚みが骨で前もってシミュレーションされます。
骨移植活動と副鼻洞リフト活動(粘膜臓器移植手術一緒に必要に応じてそれから)を使います。
それは、働いている時間の間の3時間までの30分からのための程度です。
入院を必要としないで、あなたにその翌日から一般に生きさせません。
殺菌、縫合除去、治癒期の間に、その後2回目の活動と処置を推進します。
1週から10日までほぼ殺菌(芸術の後の傷部の縫合除去)を殺して、傷部の治癒を確かめます。
3〜6ヵ月の間上あごで下顎で2〜3ヵ月の治療期間を置きました。
この間に、移植片と骨は、強いコンビネーションを骨統合(骨癒合)と言わせます。
局所麻酔底(望みの場合痛くない鎮静方法(静脈内給送麻酔))で、それを実行します。
レーザーで埋入をした移植片の上部の部分の歯茎を切って、先頭のだしを実行します。
移植片への適切な形の治療受面と呼ばれている歯肉を準備している柱をつけました。
歯茎の形が安定であるまで、およそ1〜4週の間それをこの状態に置きました。
この時に場合によっては一時的な冠をかぶるかもしれません。
copyright(C)インプラントの魅力