デンタルインプラントの始まり

インプラントの魅力

最新ニュース

インプラントの仕組み

オススメ情報

参考にしたサイト一覧

自己紹介です

デンタルインプラントの始まり

人工材料で失った歯を補う裁判は、長い間実行されました。
2世紀から3世紀への古代のローマの年齢の人間の骨が鉄の移植片が上顎の骨の下に埋められたA.D.で発見されます。
そして、注入処置は何がこれに審理されたかについて、すでに示しました。
shellfishsでできている撤回歯と注入が20代の7世紀のマヤ文明の残りで見つかる女性の下顎骨管轄下のまま埋められるのは当然の、そして、示すのは移植片であると思われます。
機能されて、とてもかなり長期の、創造に骨を入れることは、刺している微積分学のまわりで、X線検査によって、確認することができます。
そして、世界初の実用に耐えました。
注入臨床にのように見えたことは、1910年代です。
グリーンフィールドは1913年にシリンダー形の移植片を発達させます。
そして、これは最新のインプラントの父としばしば言われます。
螺旋タイプの移植片は、ネジ・タイプ(1930年代の1940年代)で考案されました。
しかし、回復期は著しく悪かったです。
それが最も大きい注入処置であると言われるために1952年にスウェーデンのルンド大学で研究したペル・インジVarブローネマルク教授によって発見されているそれ、骨(骨統合)とよく骨まで結びつけるimplant.Implant処置に適用されるようになっていたチタンと、チタンが関係があった進展は、このように許可されました。
copyright(C)インプラントの魅力